借金返済における司法書士の役割とは

MENU

借金返済における司法書士の役割

司法書士は、弁護士と同じように、国民の権利を守るために活躍しています。そんな中で、司法書士が解決できる借金返済問題には、限界があります。司法書士の仕事の中には、裁判所や検察官に提出する書類の作成業務があります。ですから、借金返済の債務整理においては、裁判所に申し立てたり、その場合に色々な書類を揃えたりするために、仕事を司法書士に依頼出来ます。ただし、簡易裁判所において、訴訟の手続きの代理をするには、一般の司法書士がみんな出来る仕事ではありません。こうした、訴訟手続きの代理が出来るのは、簡裁代理権が認定された司法書士でなくてはいけません。この簡裁代理権が認定された司法書士なら、裁判所において、弁護士と同じ立場で仕事ができます。こうした認定制度によって、司法書士は、借金返済の債務整理の解決に深く係わることが出来るようになりました。司法書士は、日本司法書士会連合会に加入しています。そして、その地方組織として、司法書士会があります。借金返済を司法書士に任せる場合には、この司法書士会に問い合わせてみると良いでしょう。

借金返済における弁護士、司法書士介入のメリット

借金返済問題を弁護士または司法書士にお願いするメリットは、とても大きいと言えます。まずは、お金を借りた消費者金融などから、取立てが止みます。それだけでなく、借金返済問題を解決するには、金融機関側も弁護士や司法書士を通さないと話を聞いてもらえない場合がほとんどです。お金を借りた本人では、なかなか借金返済についての話を聞いてもらえませんが、弁護士や司法書士ならすぐに話し合ってもらえます。そういう意味でも、弁護士や司法書士に借金返済問題についての債務整理を依頼することは、借金返済への一歩だと言えます。そうして、もし個人で債務整理を行うとなると、色々な必要書類を集めたり、裁判所に出頭したりすることはとても大変です。しかも、こうした債務整理の進行中にもお金を借りた金融機関に借金返済を取り立てされるのは、精神的にも大変なことです。また、自己破産や個人版民事再生の場合には、弁護士や司法書士に依頼すると、すべての手続きを代行してもらえるので、依頼者には負担はなにもありません。また、弁護士が代理人になった場合に限り、自己破産を申し立てたその日に、即日面接を行ってもらうことが出来ます。また、与納金がわずか20万で済む少額管財も出来ます。

借金返済における弁護士や司法書士の役割

借金返済に困っている人は、お金を借りた金融業者からの取立てに追われていると言えます。そうすると、借金返済が精神的に苦痛であったり、しだいに不安が膨らんだりするでしょう。そんな時には、弁護士や司法書士の事務所を訪れて、借金返済の債務整理を依頼することが出来ます。弁護士や司法書士に借金返済の問題解決をお願いすると、今まで苦痛であった、金融業者からの取立てがピタッと止みます。これは、金融庁の事務ガイドラインによって、借金返済問題に弁護士や司法書士が介入した後、直接債務者に取立てを行うことが禁止されているからです。もしも、弁護士や司法書士が介入した後も、金融業者が直接借金返済の請求をした場合には、営業停止処分や2年以下の懲役または、300万円以下の罰金が処せられることになっています。弁護士や司法書士に問題解決を依頼することで、面倒な手続きもすべて任せることができます。ただし、借金返済に困っている人が、弁護士なり、司法書士への報酬が支払うことは、とても難しいことです。弁護士や司法書士事務所の中には、債務処理の報酬を最初から分割で支払うことが出来るところもあります。まずは、実際に弁護士や司法書士事務所を訪れて、借金返済の問題について相談してみると良いでしょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク